本と植物と日常

本を読んだり、訳したり、植物に水をやったりの日々…。

アマゾンから参考文献が届く

f:id:helvetius:20210123154618j:plain


先日アマゾンに注文したフランスの思想家シモン=ニコラ=アンリ・ランゲ(1736年~94年)の著作『現在の北方問題、とりわけポーランドの問題についての政治的・哲学的考察』(1773年)がさっそく届いたので、その内容をパラパラと眺めている。当時のヨーロッパでは、1772年のポーランド分割が大きな政治的話題になっていたが、その直後に出版され、ポーランドとその周辺地域の政治情勢を分析した内容になっている。

作品の書き出しはこんな感じだ。

「今日、北方で起こっていることは、全ヨーロッパの注目を集めている。現在であれ、未来であれ、ポーランド共和国の運命を決定するはずの出来事に関心を抱かない国民はすこしも存在しない。ドイツはその自由に関して、フランスは現在まで全ヨーロッパの政治問題に対してもっていた影響力のゆえに、スウェーデンデンマークは価値をもたせなくてはならない野望と維持しなくてはならない所有地のために、イングランドとオランダはとりわけ商業的な価値のために。さらに差し迫った関心、つまり人間愛への関心は、政府の幸運な変革がポーランド人が脅かされた一部の領土の喪失を補償することを、感じやすいすべての魂に欲求させる。」

ランゲは18世紀に活躍した毒舌で有名な弁護士、政論家、歴史家、経済学者で、フランス革命中に刑死。現在、『市民法理論』(1767年、大津真作訳、京都大学学術出版会)と『バスチーユ回想』(1783年、安斉和雄訳、現代思潮社)の2冊の邦訳がある。

ポーランド史関係の本が届く

ポーランド関係の本を翻訳するために、アマゾンに日本語で読めるポーランド史の本を注文したところ、さっそく届いた。1冊目は白木太一『近世ポーランド「共和国の再建 四年議会と五月三日憲法への道』(彩流社、2005年)、もう1冊は岡上理穂『中欧の不死鳥 ポーランド不屈の千年史』(出窓社、2019年)。今、それらにざっと目を通しているが、白木氏の著作はなかなかの力作。18世紀末のポーランドの政治情勢を知るのにさっそく役に立ちそうだ。一方岡上氏の著作は、副題の「千年史」が示しているように、ポーランドの通史。18世紀についての記述は少ないが、複雑なポーランドの歴史をコンパクトにまとめている。

これらのほかに、フランス語の参考文献として、ランゲの『現在の北方問題、とりわけポーランドの問題についての政治的・哲学的考察』(1773年)と、マルティの『18世紀後半におけるポーランドへのフランス人旅行者』(2004年)も注文中で、届くのが楽しみだ。

f:id:helvetius:20210118211630j:plain

 

新しい翻訳に着手

f:id:helvetius:20210117122108j:plain

 

遅まきながら、明けましておめでとうございます。本年も小ブログをよろしくお願いします。

 

さて、年末からシオドア・ドライザーの『アメリカの悲劇』を読んでいるのだが、これがまったくおもしろくない(笑)。全体の4分の1ほどまで読んだところで、さっぱり先に進まなくなってしまった。話がおもしろくないというより、叙述が平板なうえに、説明があまりにもくどいのだ。それでもなんとかしまいまで読み上げたいとはおもっているが(まだ1,000頁ほど残っている)、それはいったん中断して、前から気になっていた作品の翻訳に着手することにした。18世紀フランスの社会思想で、当時のポーランド問題がテーマだ。

17世紀までのポーランドは東欧の大国で、1683年にオスマン・トルコが神聖ローマ帝国を攻めたとき、ウィーンを包囲網から救出したことでも有名だ。ただし、ポーランドの王政は選挙制で、国王が亡くなるたびに混乱が生じ、18世紀には国力が弱まっていた。これに乗じてロシア、プロイセンオーストリアが国土を分割して奪い取り、最後には国家が消滅してしまうのだが、その直前の危機的な混乱のなかで、ポーランド愛国者たちはフランスに使節を送り、フランスの国家的対応と個々の思想家のポーランド改革案を求めていた。それに応じたものとして有名なのがルソーの『ポーランド統治論』(1771年)で、ルソー以外にも多くの思想家が改革案を提案している。

そうしたフランスの政治思想家の一人Mが、ポーランド貴族の招聘に応じて実際にポーランドを訪問し、ポーランド人と話し合った印象をまとめたのが、今回私が翻訳に着手した『政治家たちの饗宴』だ。作品は、語り手がポーランドの大貴族に招かれ、軍人、貴族の論客とともに会食しながらポーランドが進むべき方向について話し合うという架空の対話篇で、タイトルはおそらくプラトンの『饗宴』を意識している。

短い作品だが、会話が中心なのでくだけた表現も多く、それをどう日本語に置き換えるかに最初から四苦八苦している。たとえば、次のような箇所(左側のページの下の部分)。

 

Je riois quelquefois en voyant qu’on me soupçonnoit d'être chargé de quelqu’importante négociations, car le moyen de penser qu’avec toute ma science j’allasse m’enterrer dans un château?

 

内容的に難しいというより、car(「というのは」という意味で、英語のbecauseに相当)以下の部分の主語と述語の関係が、文法的によく分からないのだ。悩んだすえ、少し言葉を補って次のように訳すことにした。

 

「非常に学識があるのにとある城に引きこもりに行くと考えるのは困難ということで、私にはなんらかの重要な交渉が委ねられているのではないかと人々が疑うのを見て、私はしばしば笑ってしまいました。」

 

先は長いが、じっくり取り組むとしよう。

ボールドウィン『もう一つの国』を読む

アメリカの黒人作家ジェイムズ・ボールドウィン(1924年~87年)の『もう一つの国』(野崎孝訳、新潮文庫)を読んだ。カポーティ(1924年~84年)と同じ年の生まれで、亡くなった年も近い。またゲイというセクシュアリティも共通する。ただしカポーティの作品、たとえば『遠い声遠い部屋』『草の竪琴』では、ゲイは作品の背景の一つとして描写されるのに対し、ボールドウィンの『もう一つの国』では、正面から取り上げられる。

また、セクシュアリティ以上に大きいのが人種差別の問題で、黒人と白人が愛し・理解し合うことは可能か、また実際に差別があたりまえの事として定着している社会のなかで、黒人と白人のカップルの愛は、愛し合う当事者二人だけの問題として解決できるのか、またもしそれが社会とのかかわりあいの問題でもあるならば、二人はどのように社会と向き合っていくのかという問題としても、問いかけられる。

同性愛が抱える問題もこれとほぼ同じで、それは愛し合う二人だけでなく、二人の関係が受け入れられるかという社会との関係の問題でもあることが、作品をとおしてあらためて明らかにされる。

では、白人男女であれば愛し合うことは容易かというと、ボールドウィンはそう単純には考えない。第一部で理想的な夫婦とおもわれた作家志望のリチャードとキャスの関係は、リチャードの作品が世間的に認められるもののキャスがその評価に否定的であることから崩壊していく。

作品は三部構成で、第一部では、黒人の青年ルーファスと白人女性レオナの愛が、発端、破綻、ルーファスの自殺という形で描かれる。

第二部は、ルーファスの友人でイタリア系の青年ヴィヴァルドとルーファスの妹アイダ、リチャードとキャス、ルーファスと性的関係があった白人男性エリック(ユダヤ人?)とその恋人のフランス人青年イーヴの愛の形が三組三様に描かれ、ちょっとしたことをきっかけにカップルが組み替えられていく(この組み替えはやや図式的すぎるような気もするが、組み換えがないと作品が成立しない)。

第三部はその帰結で、三組の愛の未来が暗示されるのだが、それは必ずしも明るいものではない。

私はこの作品を20代か30代に読んでおり、非常に感銘を覚えたことは記憶しているのだが、その感銘の詳細を忘れてしまったので、今回、さまざまなアメリカ人作家の作品を読む中で再読してみた。1960年代初期のニューヨークの風俗や情景が生き生きと描写されており、半世紀以上前の作品ではあるが、作品の問いかけそのものは少しも古びていないようにおもった。

f:id:helvetius:20201220090008j:plain

 

原種グラジオラスが成長

f:id:helvetius:20201219114706j:plain


寒さのなかで、南アフリカ原産のアヤメ科植物グラジオラス(Giadiolus、グラディオルス)が順調に成長している。グラジオラスというと、一般的には夏にカラフルな花を咲かせる園芸植物のイメージが強いとおもうが、原種は南アフリカからヨーロッパにかけて広く分布しており、気候の関係で、水仙やチューリップなどと同様、秋に芽を出して春に開花するものが多い。

私はカリナトゥス(carinatus)など6種類の原種グラジオラスを栽培しているが、いずれも南アフリカ東部の海岸に近い地域に自生するもので、この地域は、南氷洋からのベンゲラ海流が北上するために寒冷で、秋から冬にかけて雨が降り、夏は乾燥する。このため南アフリカ東部のグラジオラスは雨季である秋から早春に成長して春に花を咲かせ、夏には球根のまま完全に休眠する。

グラジオラスの属名は葉が剣(gladius)のような形をしていることに由来するが、私が育てているグラジオラスの葉はみな剣状というよりは細長く、またそれぞれの葉っぱをよく見ると、カリオフィラケウス(caryophyllaceus、上段左から2番目)、タウベルティアヌス(taubertianus、上段左から4番目)は、軽く渦巻いていて、剣としては役に立ちそうもない(笑)。

寒さを耐え抜いて開花してくれるのが楽しみだ。

まったりとチーズを食べる

f:id:helvetius:20201213220423j:plain


今日は、新宿の百貨店でチーズ盛り合わせを買ってきて、夕食後にベルモット、マディラ酒と合わせて食べた。マディラもいいが、Antica furmulaというイタリアのベルモットも、苦さと甘さがミックスされた独特の風味が格別。お酒が大好きだった女優のEさんにも献杯。喜んでくれるかな?

野生のラッキョウが開花

原種のラッキョウが咲き出した。園芸店でミヤマスズフリラッキョウの名前で売られていたのを買い求めて育てているのだが、野生のラッキョウの分類は非常に微妙で、正式な名称はどうもよく分からない。ネットで見ると、イトラッキョウ(Allium virgunclae)に近いようだ。いわゆるラッキョウ(Allium chinense)とは異なる、草丈15cmほどのミニ・サイズの植物だ。

ラッキョウを含むネギ属(Allium)は大きなグループで、ネギ、ニンニク、ニラなど食用になるものも多い。また根元や球根に刺激臭があるものが多く、それが人間の食欲を刺激するわけだが、植物からすると、動物に食べられるのを防ぐための自衛手段ではないかという気がする。

実は、ラッキョウだけでなくネギ属の分類そのものが難しく、ユリ科、ネギ科などいろいろ変更されたが、最近はヒガンバナ科のなかのネギ亜科ということになっているらしい。ヒガンバナ科の植物の大半は1本の花茎の頂点に集合花(いわゆるネギボウズ)をつける。このイトラッキョウ?もその例外ではない。

ピンクの小さな花が風に揺れてかわいらしい。

f:id:helvetius:20201206172839j:plain