本と植物と日常

本を読んだり、訳したり、植物に水をやったりの日々…。

もうすぐ訳了

気がついたら、去年の11月にはじめたポーランド史関係の本の翻訳が、残りあと5頁半になっていた。1日に1頁訳すとして、あと約5日で訳了だ。今日もう少しがんばって残りをあと4頁くらいにして、明日でなんとか目鼻をつけたい。訳了しても、訳の見直しや解説を書く作業があるので、翻訳にかかわる作業がすべて終わるわけではないのだが、それでもこれでようやく一息つける。

f:id:helvetius:20220122160351j:plain

ポーランド史関係の本がもうすぐ訳了

とはいえ、作品全体の結びに近づいて文章に力が入るのはいいのだが、そのあまりに、おそろしく長い文章が出てくるので、そのたびに翻訳者としてはため息がでる。たとえば、著者は分割直後のポーランドの困難な政治状況を、カエサルが主導権を握り帝政へと進んでいく共和政末期のローマと比較しているのだが、それはこんな感じだ。

ポンペイウス敗北のあとのキケロの行動よりも賢明で教訓的なものは何もないように私にはおもわれます。祖国の後見人的な天才であり、多大な勇気をもって劣悪な市民たちの企てから祖国を守り、揺れ動き崩壊しようとする共和国の基礎を堅固にするために休みなく努力したこの人間は、カエサルの勝利が元老院政務官たちに空虚な名前しか残さなかったとき、ひたすら隠遁しておりました。キケロにも野心がありましたが、野心のために幻想を抱くことはありませんでした。野心が、公益や祖国への愛という言葉を借りてもむだでした。また、野心が彼に次のようなことを示してもむだでした。それはつまり、こうした不幸な情況のなかでローマ人たちの運命を見限るべきではないし、権威の乱用の幾つかを停止させるために祖国の主人となったカエサルの懐に飛び込まないのは祖国への裏切りであり、公益のために名声を犠牲にし、臆面もなくもっとも忌まわしい不正を犯す準備を整えていたカエサルの追従者や取り巻きの手に政務が落ちないよう、諸問題にかかわる政務の下役を引き受けることは、デキウスのような人物たちの献身を模倣するだけでなく、さらにはこれらの偉大な人物たちを凌駕するものであるということです。」

いや~、疲れる!?

日本精神史上の貴重な記録『仙台藩士幕末世界一周』

仙台藩士・玉虫左太夫の記録『航米日録』を、子孫の山本三郎氏が現代語訳し、解説を加えた『仙台藩士幕末世界一周』(荒蝦夷、2010年)を読んだ。万延元年(1860年)に日米修好通商条約批准書交換のため渡米した新見正興らの使節団に随行し、一月から九月まで約10カ月をかけて世界一周して帰国した際の文字通りの「日録」だ。おもな経路は江戸~ハワイ~サンフランシスコ~パナマ~ニューヨーク~ワシントン~ニューヨーク~ルワンダ(アフリカ)~ジャカルタ~香港~江戸。日本人として最初に世界一周したのは、若宮丸の漂流民・津太夫ら(偶然、津太夫仙台藩民 !)だが、この使節団は教養ある武士の一行であり、資金も豊富だったことから詳細な見聞録を残すことになった。なかでも出色がこの左太夫の『航米日録』ということらしい。左太夫の観察は、さまざまな地方の気候や風俗だけでなく、各国の人々の考え方の違いや政治制度にまで及んでおり、異文化にふれた驚きがストレートに伝わってくる。

f:id:helvetius:20220110133156j:plain

幕末に世界一周した感想を詳細に記した『航米日録』の現代版

 

たとえばアメリカの艦船上で眼にした点呼の際の艦長と水夫の身分差をこえたフランクな応対に対する感想は次のようなものだ。「我国では礼法が厳しくて、総主(将軍や藩主など身分の高い人)などは容易に拝謁することさえできず、あたかも鬼神のようなものだ。これに準じて少々位の高い者は大いに威厳を張って下の者を軽蔑し、従って情交はかえって薄く、凶事があっても悲嘆の色など見せない点はアメリカ人たちとは大いに異なる。このようなことでは、万一非常の事態が生じたとして誰が力を尽くすだろうか。この点がアメリカの国運が盛んで平和に治まっている所以でわなかろうかと思われるのだ」(143頁、3月17日の記事)。

こうした日々の細かな観察にもとづいて、アメリカの制度については次のように総括している。「ワシントンはみなと協議して曰く『国を支配する者になってその権力を子孫に伝えることは、私なり(自分のことだけを考えることである)。国民を指導する役目は、宜しく徳のある者を推してこれをなさせるべきである』と。(中略)外国との条約、戦争、官吏の採用や賞罰などのことはみなと会議して賛成の多いものをもって決める。たとい大統領といえども自分の意思だけで決めるようなことは許されない。ただその指示をして文官、武官を一同に集め聞かせることを大統領が司るだけである」(336~7頁、5月12日の記事)。

自分の身体をとおして感じとったこれらの違いを真摯に受け止めて、日本がとるべき新たな施策として打ち出されたのが、後の奥羽越列藩同盟の盟約にみられるさまざまな取り決めということになるのだろう。

太夫の日録は、仙台藩主への報告を意識して日付順にまとめた公的なもの(第一巻~第七巻)と、私的な見解を述べたもの(第八巻)に分かれており、編者の山本氏は、第八巻の私的見解を第一巻から第七巻までの日録の該当部分にまじえて紹介している。このため各記事(できごと)に対する左太夫の本音も同時に読めて役に立つ。

幕末の日本人の精神史を語るうえで貴重な書といえるだろう。

今年の抱負は翻訳と出版

明けましておめでとうございます。

元旦はのんびりといきたいところだが、自分の年齢(現在67歳)を考えると、今きちんとやりたいことをやっておかないともう何もできなくなるかなとおもって反省し、昨年末に着手したポーランド史関係の翻訳の原稿を見直しし、解説を書いた。完全とはいかないが、正月返上でがんばった分だけ、解説は少しは様になったかなという気がしている。

f:id:helvetius:20220102122850j:plain

今年はポーランド史関係の翻訳を小冊子にまとめたい!?

今年の目標は、この翻訳と去年仕上げた翻訳を合わせて1冊の小冊子をつくることだ。2つの作品に解説と註を入れて原稿用紙110枚くらいの分量になる予定。費用は20万円くらいかなと推測している(このところPCが不調で、たぶん小冊子をつくる作業の前にPCを買い替えなくてはならなくなりそうで、出費が痛い!)。翻訳そのものは1月末までに終わらせたいのだが、予定より早く進んでおり、訳稿の方は約6割のところまできている。あと一息だ。

今年はもう一冊、かつて手掛けた別の作品が、もしかすると共訳というかたちで出版されるかもしれないので、現在手掛けている翻訳と合わせ、攻めの年にしたい。

ということで、小ブログの更新もなかなかできない可能性があるが、本年もどうぞ宜しく。

記述の古さを感じさせない新書版『戊辰戦争』

佐々木克戊辰戦争 敗者の明治維新』(中公新書、1977年)を読んだ。今年私が読んだ戊辰戦争関係の本のなかでは一番古く、その後のさまざまな本の記述の原点の一つになっていると考えられる本だ。執筆年代が古く、しかも新書なので盛り込める内容が量的に限定されているのだが、私には、古さも記述をはしょったような跡も感じられなかった。逆に、すぐれた歴史記述は、時間が経っても色あせないということを感じさせられた。

f:id:helvetius:20211225132637j:plain

鋭い問題意識で記述の古さを感じさせない『戊辰戦争

本書の特徴は、タイトルにもあるように戊辰戦争を敗れた奥羽越列藩同盟の側からみている点で、次のように、この戦争の意味、ひいては明治維新の意味を端的に問い直している。「奥羽越の列藩同盟諸藩は薩長両藩の専制に反対し、彼らが牛耳るところの維新政権の改造を要求し、さらに維新政権にかわる新政権を樹立しようと企てた」(本書160頁)。結論からいえば、戊辰戦争は、薩長を中核とする新政権が、会津・庄内を朝敵に仕立て上げ、両藩の殲滅を意図したところから始まった戦争ではないかというのが著者の見解ではないかとおもうが、私もそれに頷ける。会津・庄内に非があったのかは、今この小文では検証しない。そして朝敵とされた両藩が防衛のために臨戦態勢を整えたのはやむを得ないことだったとおもう。問題は、会津・庄内以外の奥羽越の諸藩が、この戦争には義がないとして同盟を結び、立ち上がったことだ。本書の力点はこのあたりの状況の解明にあるといえよう。同盟の中心となった仙台・米沢の両藩について考えれば、新政府に恭順の意を示し、新政府軍と一緒に会津・庄内を攻めていれば、藩の存続にかかわるような問題はおこらなかったはずだ。それを敢えて新政府に立ち向かったところに、奥羽越列藩同盟の意味はあるのだろう。ただ、同盟を結成したものの勝ための戦略に欠けており、会津戦線の敗北からあっけなく同盟が崩壊してしまったという、結果からみての批判はありうる。しからば、そもそも同盟はどのような戦略を立案すべきだったのか、勝利の見通しはあったのかというと、難しい。それでも本書は、敗者の論理についてあらためて考えさせる。

おもしろくておもしろくなかった佐藤賢一の『遺訓』

『遺訓』(佐藤賢一新潮文庫、2021年)を読み終えた。同じ著者の『新徴組』の続編といっていい作品だ。『新徴組』が幕末から明治維新にかけての庄内藩の動きを描いているのに対し、『遺訓』は明治6年から明治11年にかけての、庄内と薩摩の動きを描く。

f:id:helvetius:20211218113504j:plain

庄内と薩摩から明治維新の裏面を描いた『遺訓』

主人公は、『新徴組』ではまだ幼かった新徴組剣士・沖田芳次郎。新選組沖田総司の甥だ。彼がまず元庄内藩のブレーン酒井玄蕃を護衛し、玄蕃亡き後は西郷隆盛を護衛する。作品の前半で、戊辰戦争で朝敵と名指しされた庄内藩と西郷のかかわりが描かれ、後半ではその西郷が西南戦争に引きずり出されるプロセスと戦争の顛末が描かれ、西郷亡き後、庄内藩士たちが西郷の遺志を伝えようと「遺訓」を編纂するところで終わる。芳次郎は全体の出来事に立ち会うが、主体的な動きをしているわけではなく、動きの少ない酒井玄蕃西郷隆盛の引き立て役という感じだ。

作品全体は、『新徴組』より動きがあってある意味ではとてもおもしろいのだが、個人的にはおもしろいがゆえにおもしろくないといういささかひねくれた印象をもった。

その理由の一つが、大久保利通をあまりにも単純な悪役として描いていることだ。大久保の権力欲が前面に出されることで、複雑な物語は単純化され分かりやすくなっているのだが、その描写はあまりにも一面的すぎるような気がした。出番が少ない木戸孝允の描写もかなり単純だ。また一面的といえば、作品全藩の中心人物、酒井玄蕃にしても、天才ぶりだけがあまりにも際立ちすぎて、内面にたちいった人物描写という点では、やはりもの足りない。

また酒井玄蕃のエピソードは、物語中盤の伏線ともなっており、作品全体はとてもうまく組み立てられているのだが、『新徴組』を貫いていた戦争の意味を問うといった観念的な面が後退し、作品全体として、やや表層的すぎるという感触をいなめなかった。

ポーランド関係の翻訳を進め、地図をつくる

11月から18世紀ポーランドの政治状況について書いた作品の翻訳を始めたのだが、今日は朝からその翻訳を進めた。小品でそんなに分量はないので(おそらく原稿用紙40枚~50枚程度)、なんとか1月末までには訳了したい。現在の進行状況は約20%程度といったところだろうか。また私は同じ著者がポーランド問題について書いた別の小品をすでに翻訳しているので、最近は、それと合わせて私家版の小さな本をつくってみたいとも考えている。

そんなこともあって、ふと思い立って、2作品を合冊にしたときに参考資料としてつけられるようポーランド分割を示す地図をつくってみた。

f:id:helvetius:20211206202241j:plain

手描きで、ポーランド分割を示す地図をつくってみた

翻訳そのものの方では、テクストのなかに分割前のポーランドプロイセンに領土の一部を譲ったととれる文章があって、その事実確認がけっこう難しかった。ただそれも、以前ポーランドに行った際に買い求めた歴史地図のなかに、1657年からポーランド辺境の一部地域がブランデンブルク(=プロイセン)領となっているという表記があって、「これだ、これだ」とさっそく飛びついた。日本ではあまり知られていない事実だが、北方戦争の結果、ブロンベルク条約でポーランドがこの地域を譲ったということのようだ。

とりあえず一歩前進。

佐藤賢一『新徴組』を読む

『新徴組』(佐藤賢一、新潮社、2010年)を読み終えた。幕末から明治にかけての江戸と東北を舞台にした歴史小説だ。

f:id:helvetius:20211129205529j:plain

著者・佐藤賢一の庄内に対する思い入れが感じられる『新徴組』

はじめに新徴組について簡単に説明しておくと、幕末の江戸で、市中警備のために設けられた浪士集団だ。京都の新選組に似たような性格の組織だが、こちらは庄内藩に預けられた。

その新徴組には、沖田総司の義兄・沖田林太郎(実在の人物)が所属しており、彼がこの小説の主人公。京都にいる義弟・総司や江戸在住の妻子への気遣いが、作品の基調となる。

副主人公は新徴組の番頭兼江戸市中取締掛として、新徴組を鍛錬し、組織としてまとめ上げた庄内藩士・酒井吉之丞。後に玄蕃を名乗り、戊辰戦争の際の庄内藩二番大隊を率いて無敵の進軍をし、官軍・秋田藩から「鬼玄蕃」と怖れられた人物だ。吉之丞は、言わばイデオローグとして作品の骨格を形成するが、自らの思想を語ることは少なく、林太郎が狂言回し的に動いて、吉之丞の思想を引き出していく。

たとえば江戸取り締まりの合間に、問わず語りのようにして林太郎に明かす吉之丞の信念は次のようなものだ。「実際のところ、私は主義主張というものを持たない、というより、持たないようにしています。尊王攘夷も、公武合体も、佐幕もないというのは、もっともらしい言葉を唱えたが最後で、人間は本当に大切なものを見失ってしまうと考えるからなのです」(同書112頁)。ただしこれは、吉之丞本人の思想というより、吉之丞に仮託した著者・佐藤賢一の思想と見るべきだろう。

さて幕末に薩摩藩は江戸市中攪乱のため騒動を起こすが、これが新徴組の江戸警護とぶつかり、本来であれば、薩摩対幕府という対立構図になるべきところが薩摩対庄内という構図にすり替わってしまう。大政奉還後、幕府からの江戸警護の要請も自然消滅したため、庄内藩は新徴組ともども庄内に引き上げる。しかしその後、庄内は会津とならんで朝敵とされる。争うからには勝たなくてはならない。庄内一藩だけの抵抗ではすぐにつぶされてしまうという判断から、吉之丞はまず会津との同盟を構想し、これに仙台・米沢を加えて、東北全体で官軍に向かうという「奥羽列藩同盟」を計画する。

第二部は、新徴組が庄内に移住した以降の話だ。まず吉之丞の計画どおりに奥羽列藩同盟が成立し、官軍(西軍)と同盟軍(東軍)の戦いが始まる。第二部は具体的な戦闘の話が中心だが、戦闘の細部というより、佐藤賢一は吉之丞の戦略や戦闘に対する考え方の紹介に力を入れる。

玄蕃と改名した吉之丞率いる庄内藩二番大隊は紺地に金で北斗七星を描いた「破軍星旗」を旗印とした(画像参照)。北斗七星は東洋では死をもたらす不吉な星とされるのだが、これにも玄蕃の思想が反映している。「庄内藩も他の諸隊は日章旗を掲げていた。でなければ、酒井家の「かたばみ」である。残りの東軍諸藩も同じで、日章旗か、それぞれの藩主家の紋だ。(中略)いうまでもなく、かたやの西軍は朝廷の錦旗である。それが戦場で向き合うのでは、いまだ佐幕と勤皇が争っているかの臭気が漂う。のみならず、そのものが各陣営の作為と欺瞞を感じさせて、いずれにせよ吉之丞の好みではなかった」(同書360頁)。それゆえの破軍星旗であるが、それは主義でも主張でもなく、理想でも理屈でもなく、「敵は力で打ち破る」(同)という考えを反映したものだったとされる。

孤軍奮闘した庄内藩だったが、奥羽越列藩同盟の崩壊を知り、秋田城攻めを目前にして兵を引き上げ、鶴岡を無血開城して庄内の戊辰戦争は終わる。林太郎は、その人とは知らずに、鶴岡にやって来た西郷隆盛と言葉を交わす。

全体として、著者・佐藤賢一(鶴岡出身)の庄内と庄内軍を率いた酒井玄蕃に対する強い思い入れが感じられる作品だった。直前に読んだ『竜は動かず』『蓋棺』と比較して作品に厚みが感じられるのはさすがだ。